弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 錠剤ドラッグは今どうなっているのか

<<   作成日時 : 2009/10/03 01:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2015年4月6日修正
ずいぶん古い記事ですが、間違いに気づいた方からご指摘いただきました。
文中でbk-MBDB(ブチロン)の物質名をbk-MDBDと誤記していたので、訂正しました。
*****

前回、BZP錠剤の新しいトレンドについてお伝えしたところ、これはMDMAとは別なものかといったご質問がありました。
ほんの数年前まで、錠剤型ドラッグといえば、成分はMDMAというのが常識でした。MDMA(3,4−メチレンジオキシメタンフェタミン)とは、覚せい剤に似た中枢神経刺激作用と、メスカリンやLSDに似た幻覚作用を併せ持つ麻薬で、エクスタシーと呼ばれる錠剤型ドラッグの成分として広まりました。
日本では、2003年ころからMDMA等を含む錠剤型ドラッグが大量に出回り始め、私たちはこうした錠剤型の薬物を「エクスタシー」または「MDMA」と呼んできました。エクスタシー錠剤は、平均して1錠が0.3 グラムくらいの錠剤で、カラフルに着色され、表面にはロゴマークが刻印されています。主成分は、MDMAやその仲間のMDA、MDEAなどで、1錠中の含有量は30ミリグラム程度から、多いものでは300ミリグラム近いものもみつかっています。

ところが、近年では、エクスタシーと同じような外見で、同じようにロゴマークがある錠剤で、その成分として、MDMAやその仲間を含まないものも押収されています。その代表的なものが、前回紹介したBZPやその仲間のピペラジン類を成分とするものです。

●MDMAとよく似た作用感を生み出すBZP錠剤
近年、押収例が多いのが、BZP+TFMPPというピペラジン類の麻薬を組み合わせたもので、この2種類を組み合わせることで、MDMAによく似た作用感を生み出すことができるといわれ、「偽MDMA」「偽エクスタシー」と呼ばれることもあります。
写真は、前回の記事で紹介したキャラクターものの錠剤ですが、成分は、BZP(麻薬)とTFMPP(麻薬)の混合です。
薬物の写真及び成分は『マイクログラム・ブリティン』2008年8月号よりhttp://www.usdoj.gov/dea/programs/forensicsci/microgram/mg0808/mg0808.pdf
画像

画像

↑BZP
画像

↑TFMPP
BAPもTFMPPもピペラジン誘導体ですが、このほかにも類似のピペラジン類を成分とした錠剤がみつかっています。

●パーティ・ピルズにみられるbk-MBDB錠剤
日本でもかなり大量に出回っている「ダブス」や「サマーデイズ」などのパーティー・ピルズの主成分は、bk-MBDB(2-メチルアミノ-1-(3,4-メチレンジオキシフェニル)ブタン-1-オン・指定薬物)です。これは、化学構造からいうとMDMAの仲間で、麻薬のメチロンによく似た構造と性質をもっています。
日本で押収されたbk-MBDBを主成分とする錠剤では、同時に少量のメチロンの含有も確認されています。
画像

↑bk-MBDB

●幻覚作用の強い麻薬を成分とした錠剤も
メスカリンとよく似た化学構造をもち、幻覚作用を特徴とする麻薬のDOB(4-ブロモ−2,5-ジメトキシ−α−メチルフェネチルアミン)や指定薬物のDOC(1-(4-クロロ-2,5-ジメトキシフェニル)プロパン-2-アミン)などを成分とした錠剤が、英国の研究でみつかっています。DOCの場合、ごく少量(1.5から5ミリグラム)で作用を現し、その作用は16から30時間持続するといわれます。(Ovaska H, Wood DM, Viljoen A, Button J, Puchnarewicz M, Greene SL, Holt DW, Ramsey J, Dargan PI. 4-chloro-2,5-dimethoxy amphetamine (DOC) - A rarely reported rave scene drug of abuse. Clin Tox 2007;45: 647)
またアメリカでは同じように幻覚性のある麻薬2C-Iを主成分とした錠剤もみつかっています。
こうした成分は、MDMAなどとは性質や作用の異なるもので、使用者にもたらす影響は、一般的なエクスタシー錠剤と大きく違うため、思いがけない事故につながるおそれがあります。
画像

↑DOB(麻薬)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>bk-MDBD

古い記事ですが、正しくはbk-MBDBです。
ちなみに別名はブチロンです。
滅智蓮寺 熾
2015/04/06 02:18
あ、間違ってました。
ご指摘ありがとうございます。
小森 榮
2015/04/06 11:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
錠剤ドラッグは今どうなっているのか 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる