弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS BZP錠剤の新トレンド|アメリカからの情報

<<   作成日時 : 2009/10/01 09:42   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ合衆国の麻薬取締局(Drug Enforcement Administration:DEA)は、新型のBZP錠剤が出回っているとして、警告情報を出しています。
BZP錠剤は、MDMA錠剤とよく似た錠剤タイプのドラッグですが、キャラクターもののデザインが最近のトレンド。オバマ大統領や、スヌーピー、ニンジャ・タートルといった人気コミックのキャラクターなどをかたどった錠剤です。
代表的な成分はBZP、TFMPP、カフェイン。ほかにメタンフェタミン(覚せい剤)やジメチルスルホンなども検出されています。同じようなキャラクター柄の錠剤で、MDMAを主成分としたものもみつかっています。
DEAの発行する『マイクログラム・ブリティン』42巻6号(2009年6月)より
MICROGRAM BULLETIN, VOLUME 42, NUMBER 6, JUNE 2009
http://www.usdoj.gov/dea/programs/forensicsci/microgram/mg0609/mg0609.pdf
画像

画像

画像

BZP錠剤は、主にニュージーランドやヨーロッパを中心に、錠剤タイプの脱法ドラッグとして広まり、英国ではパーティ・ピルズと呼ばれて、青少年の間で乱用が拡大しています。主成分のBZPやTFMPPは、日本ではすでに麻薬として規制されていますが、ヨーロッパでは規制が遅れていたため、脱法ドラッグとして広まっていたものです。しかし、英国でも今年中に規制策がとられる見込みだと伝えられています。

当ブログでは、主に英国(UK)発の情報として、BZP錠剤について何度か取り上げています。以下の記事を参照してください。
●英国(UK)でスパイスなど禁止へ|脱法ドラッグ問題
http://33765910.at.webry.info/200908/article_18.html
●パーティ・ピルズのうそ|脱法ドラッグへの警告11
http://33765910.at.webry.info/200906/article_19.html
●パーティ・ピルズって何?|脱法ドラッグへの警告10
http://33765910.at.webry.info/200906/article_17.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BZP錠剤の新トレンド|アメリカからの情報 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる