弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 医療用大麻とは何か|2009カリフォルニア大麻論争4

<<   作成日時 : 2009/07/27 23:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

カリフォルニア州は、プロポジション215によって医療用大麻を許容しています。合衆国では禁止されている大麻ですが、患者は、吐き気や痛みをおさえるクスリとして、医療用に使用する場合に限って、刑事罰に問われる心配なしに、大麻を使うことができるのです。
具体的に言うと、医師の推薦によって、患者は、州が発行する医療用大麻IDカードを受け取ることができ、このカードを持っていれば、医療用として大麻を入手し、使用しても、刑事罰に問われることはないという仕組みです。

サンタバーバラ郡の公衆保健局は、医療用大麻IDカードを次のように説明しています。
「プロポジション215(特恵使用令Compassionate Use Actとも呼ばれる)は、カリフォルニアにおける大麻の医療用使用を許容している。
上院法案 420 は、法執行機関が、特恵使用令により保護されるカリフォルニア州民を特定することを支援している。上院法案 420 はまた、その居住する郡の全域を通じて患者とその介護者の資格を証明するよう、カリフォルニア州公衆保健サービス局が州の全域にわたる医療用大麻の識別カードと登録制度を確立し、維持することを要求している。
この制度への参加は任意である。」
サンタバーバラ郡公衆保健局/ Medical Marijuana Identification Cards
http://www.sbcphd.org/events/marijuana.html

カードを持つ患者に対して医療用大麻を供給するのは、「大麻クラブ」あるいは「大麻薬局」と呼ばれる医療用大麻の供給所です。医療用大麻を営利的に販売することは許されていないので、供給所の多くは、患者による非営利協同組合Cannabis Patients' Cooperativesという形態をとっています。とはいえ、実際に地域で営業している供給所は、「薬局」のサインを掲げたり、「大麻クラブ」と呼ばれており、店舗の外観を備えています。
今回課税法案が通過したオークランド市では4箇所の供給所があると伝えられましたが、その対岸のサンフランシスコには数十、ロサンゼルスには600以上の供給所があるといわれています。


CNNのアンダーソンクーパー360°はカリフォルニア州での医療用大麻問題を継続的に取り上げていますが、その番組ブログにこんな記載がありました。
「カリフォルニアでは医療用大麻の供給所が激増している。ロサンゼルスでは600以上の供給所があり、信じがたいことだが、LAではマクドナルドやセブンイレブン、スターバックスよりも大麻を買える場所のほうが多い。しかし、これはまだ始まったばかりなのだ。この州では、21歳以上の者に対して大麻を完全に合法化する動きが勢いを増している。つまり、州の全域で大麻を販売することができるというわけだ。」
「しかし、すでにカリフォルニアでは、18歳以上なら、大麻を手に入れたいと思えば合法的に入手することができている。必要なのは、医師の意見だけ。この州は、指のささくれでも治療する程度の気軽さで、大麻の処方を書いてくれる「大麻医者」で満ちている。完全合法化すれば大麻がタバコやアルコールと同様になるというが、大麻はすでに、ほしいと思う人には手の届くものになっていることに、気づかないふりをすることはできない。」
CNN /Anderson Cooper 360° / The medical marijuana explosion
http://ac360.blogs.cnn.com/2009/07/24/the-medical-marijuana-explosion/

医療用大麻制度の基本は、患者本人や介護者が医療用に大麻を使用する場合に限り、法に触れて処罰される危険から、特別に保護する、というものです。では、患者に供給する大麻はどこから入手するのか、誰が供給するのか、そのあたりはまったくグレーゾーンに置かれたままです。とはいえ、上記の記事が指摘するように、すでに、医療用大麻は新しいビジネスとしてカリフォルニアで拡大し始めているのも事実です。
大麻とどう向き合っていくか、いま、世界は大きな混乱と矛盾を抱え込んでいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
電子タバコ
電子タバコを比較してみると、ある事がわかりました。経済面や健康面でも電子タバコは、本当にお得な商品です〜 ...続きを見る
電子タバコの比較
2009/08/06 12:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>大麻とどう向き合っていくか、いま、世界は大きな混 乱と矛盾を抱え込んでいます。

非犯罪化すれば、すむ話。
しかし「上院法案 420 」てシャレですかね?(笑
電P
2009/07/28 19:27
連続投稿、失礼します。
大麻の入手が容易で逮捕されるリスクが無ければ
ワケノワカラナイ脱法ドラッグ、スパイスなんとか
から若者を、とうざける事になるのでは?
しかもストリートの売人からも切り離せるとしたら。。

逆にオランダのようにカリフォルニアでの大麻の使用率が他の州より低くなるのでは?
電P
2009/07/28 19:49
「スーパーハイ・ミー」というドキュメンタリでプロポジション215の草案に携わった人によれば
誰でも大麻を手に入りやすくするようにしたそうです。

これは禁酒法時代のような密売や暴力などといったものの抑止になりますからね。
おおあずま
2009/08/02 05:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
医療用大麻とは何か|2009カリフォルニア大麻論争4 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる