弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 英国での大麻栽培の現況|英国の大麻規制2009年の変更 2

<<   作成日時 : 2009/04/20 01:41   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日取り上げた英国(UK)の薬物乱用諮問協議会(ACMD)の報告書『大麻:分類と公衆保健』のなかに、英国での大麻栽培問題の現況についての記載があったので、その部分を読んでみます。
出典は
Cannabis:Classification and Public Health

この報告書は、内務大臣の諮問に対する答申としてACMDが作成したもので、全56ページの冊子です。大麻使用の影響について多角的な検討を加えて評価したもので、身体的な影響や精神的な影響などがまとめられていますが、そのなかに、社会的影響Societal harmsという見慣れない項目があります。
社会的影響の項目には、●動作に及ぼす作用 ●犯罪的及び反社会的行為 ●大麻栽培 という内容が記載されています。
この分類の仕方や評価の内容も大変興味深いのですが、今日は、とりあえず「大麻の栽培」の内容から、一部を私訳で紹介しておきます。

「●大麻の栽培
■大麻は、比較的近年まで、大麻樹脂や昔ながらの乾燥大麻として、モロッコや中東から輸入されていた。過去数年来、イングランドとウエールズに数箇所の大麻栽培場が出現している。これら栽培場は、年に3〜4回の収穫を可能にする水耕栽培の技術や促成栽培の手法を用いている。栽培者がこれら栽培から得る収益は、年に90,000から480,000ポンドと推定される。これら栽培場の生産物のほぼ全部がシンセミアであり、現在では英国の大麻消費者の大多数に英国産の製品が供給されている。
■英国内での大麻生産について特筆すべき要素は、大麻栽培場が出現し、犯罪組織の活動が激化したことであり、ヴェトナム人の不法入国者(13歳の年少者も含まれる)を使って作物の手入れをさせているものもある。犯罪組織は、ヴェトナムや中国と関係のある組織もあるのだが、初期の財政支出を提供し、栽培場設営の助言(電力供給のためのバイパス工事を含む)をし、また収穫の方法やタイミングなども指導する。
■2007年に警察本部長協会(ACPO)は調査を行い、その年度内に押収された大麻栽培場の数を回答するよう、イングランドとウエールズの取り締まり当局に依頼した。19件の回答が寄せられ、過去12ヶ月内に1,546件の栽培場が発見されていた。大麻栽培場は農村地域だけにとどまらなかった。首都警察は、過去2年の間、週に10件の割合で住宅内の栽培場を発見している。」
Cannabis:Classification and Public Health 22ページより
http://drugs.homeoffice.gov.uk/publication-search/acmd/acmd-cannabis-report-2008


ここでは警察本部長会議が提出したSubmission of Evidence on the Classification of Cannabis という資料に基づいて、英国で近年大麻の栽培が急増している現状が報告されています。
当然ながら、英国でも、大麻栽培の大半は、興味本位で自分の部屋の片隅で数株の大麻草を植えてみた若者だと思います。しかし、犯罪性という観点から見ると、営利目的での大規模栽培には、はるかに大きな問題があります。
大規模栽培場の数は明らかにされていませんが、ヴェトナム系や中国系のグループと関連した、組織的な栽培場の運営が摘発されているようです。そういえば、カナダのニュースにも同じようなものがあった気がします。
英国(UK)での大麻栽培は、推定90,000から480,000ポンド。日本円に換算して約1億3千万円から7億円。ただし、2008年の国連資料によればUKでの乾燥大麻の末端価格は1グラム当たり5米ドル(約500円)と、日本の8分の1程度です。仮に、組織的な栽培者が日本市場での高値に注目するとしたら、さっそく日本でも商売しようと考えるでしょうね。大麻の大規模栽培のニュースに、英国籍やカナダ国籍を持つアジア人が登場する日もあるかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
英国での大麻栽培の現況|英国の大麻規制2009年の変更 2 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる