弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS スポーツマン諸君、大麻はスポーツ精神に反します|大学生と大麻のニュース

<<   作成日時 : 2009/03/24 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

●日体大陸上部合宿所に捜索=関東信越局、部員の大麻所持容疑
日本体育大学陸上競技部の男子部員が大麻を所持していたとして、関東信越厚生局麻薬取締部が大麻取締法違反容疑で、横浜市青葉区にある同部の合宿所を家宅捜索していたことが23日、分かった。日体大は5日付で、男子部員を退学処分としたほか、石井隆士部長と監督、コーチを解任した。
日体大広報課によると、捜索は2日に行われ、男子部員1人の容疑が対象という。同課は「捜査を受けている途中なので具体的なコメントは差し控えたい」としている。
3月23日20時55分配信 時事通信ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090323-00000162-jij-soci

当ブログで何度も触れた話題ですが、あえてもう一度取り上げます。
スポーツマン諸君、大麻はスポーツ精神に反することをどうか理解してください。もちろん麻薬や覚せい剤も同様です。

●大麻などの薬物は[社会悪]です。
スポーツマンに限らず、日本で生活する人なら誰でも法律を守らなくてはなりません。当たり前のことですよね。
さらに、スポーツマンには青少年のモデルとしての重要な役割が期待されています。一般人よりも厳しい規律が求められるわけです。スポーツのドーピング規定で、大麻(カンナビノイド)が競技会禁止リストに加えられているのは、こうした考え方によるものです。

財団法人日本アンチドーピング協会は、ドーピングを禁止する理由を次のように説明しています。
「スポーツは、世界中の人々にとって貴重な、そして普遍的な文化財産であるといえます。
しかしながら、ドーピングはこのような素晴らしいスポーツの存在意義や価値をおとしめる行為であり、いくら世界記録を出したり良い成績を残したとしても、ドーピングに手を染めた競技者は、人類にとって大事なスポーツを否定したということで絶対に認められません。
ドーピングは、健康への害、不誠実、社会悪といった「悪」につながるだけでなく、スポーツの価値や意味そのものを「否定」してしまうからこそ禁止されており、ドーピングから『スポーツを守る』という意識こそがアンチ・ドーピング活動の根幹だと考えています。」
http://www.anti-doping.or.jp/keystone/index.html

●一流選手にとって飲酒運転や薬物使用は大スキャンダルです。
最近、北京オリンピックで大活躍した水泳選手の大麻疑惑報道がありました。一流であればあるほど、飲酒や薬物に対して厳しい態度が求められていることを改めて感じた騒動でした。一流をめざしてトレーニングに励む皆さん、ロイターのこの記事を読んでください。
・水泳=フェルプスの市場価値、大麻疑惑報道でダメージも
http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-36264820090203

●大麻の作用はスポーツに影響を与えるという警告もあります。
アメリカの薬物乱用問題研究機関のNational Institute on Drug Abuse(NIDA)は、大麻に関する資料の中で、次のように警告しています。
「スポーツ選手の場合は、タイミング、動作および調整などの能力が、THCによって影響され、記録が伸びなくなるかもしれません。」
Marijuana Facts for Teens
http://teens.drugabuse.gov/drnida/drnida_mj1.php

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
フェルプスは警察やIOCから何のお咎めもなく、スポンサーもケロッグ1社が降板しただけだったようです。それと比べると日本での大麻の扱いは異様ですね。

それに競技大会では合法ドラッグであるアルコールもドーピング規定で規制されているはずです。(お酒にしろ大麻にしろ、酔っている状態でまともにスポーツが出来るとは思いません。)

先生、お酒もスポーツ精神に反することをどうか理解してください。

・『成人の半数は経験』 / 『たばこと違い死者なし』 大麻、米社会は寛容?
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009030402000083.html
どーぴんぐ
2009/03/24 05:50
捜査中で逮捕に至っていない段階での退学処分というのは厳しすぎではないだろうか。
弁護士としてどうお考えですか?

体育会のお酒の飲み方は半端じゃない。
お酒で泥酔しても何のお咎めなし。
大麻の捜査を受けただけで退学。
普通の感覚をもっていてたらバランス悪いと感じるはず。
厳しい
2009/03/24 17:22
逮捕されていないのに、
退学処分というのは おかしすぎると思う。
大学側の判断もおかしいと思う。
未来がある学生さんをまもるべきではないでしょうか。
なにも出てきていないのだから
マトリへ抗議するべきだと思う。
若気のいたり じゃないか。
弁護士として今回の[社会悪]はどうなんでしょうか。
大きな疑問です。
大金払って大学にいったのにね。
責任せきにんセキニン
2009/03/25 19:56
上の意見に対する反論が聞きたいですね
弁護士なのって好き勝手な事かいて
まともな反論はいっさい無視
一番たちが悪い
こういう弁護士が
「社会悪」でしょう


インチキ弁護士
2009/04/06 12:59
大麻は社会悪と言うのは分かるし、もう一つ、大麻についてデタラメな情報ばかり流す日本国、厚生省、マスコミもある種の悪だと思います!大麻も覚せい剤もごっちゃになってていい加減過ぎる。信用性がない。

あと、スポーツマンに青少年のモデルを期待するのはただのエゴだと思います!
期待している人間こそが頑張って自分の子供なりのモデルとなるような生活をしたらいいだけ。
それとも何?スポーツマンよりも親のほうが影響力低いの?だったら親の方が失格でしょう。

そもそもあなたは法律だけを武器に、大麻というものが一体何なのか、吸うとどうなるのかなど全く知らないで大麻反対という活動をしていませんか?笑
それならそれでいいけど、本当の正義ではないよ。
僕なら、大麻の悪いとこ、イイとこ、それぞれ理解したうえで法律なりをこうしたらいい!と自分なりのモデルを打ち出していくけどね。




ジャステス
2010/01/14 15:01
史上最高のサッカー選手の一人と称されるリオネル・メッシは、アメスポでは禁止薬物であるヒト成長ホルモンの存在に助けられて常人が感嘆するプレイを披露してくれるわけですが、これが禁止薬物であったらならば今のメッシを見ることはできなかったでしょう。この薬物の使用を社会悪か、反スポーツマンシップととらえるかは、サッカー協会、倫理が関わるべき問題で、メッシのプレイが見たいファンにとってはどうでもいい事です。
think outside the bo...
2014/11/07 19:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
スポーツマン諸君、大麻はスポーツ精神に反します|大学生と大麻のニュース 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる