弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS もしかして、うちの子も大麻?|親のための大麻講座8

<<   作成日時 : 2009/02/27 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Q8
ひとり暮らしをしている息子の部屋に、園芸用品のカタログがありました。これまで植物に興味を示したことのない子なので、もしや、大麻でも育てるつもりではないかと不安です。大麻の栽培に特有な道具や用品はありますか?

A8
大麻の栽培に特有の用品というのは、特にないと思います。大麻の種子は、特別な方法で入手しなければなりませんが、他のものは、どこにでもあるホームセンターでも、園芸用品として売っているものです。



若者が好奇心から大麻の栽培に手を染めるとしたら、一般的に、まず大麻の種子を入手して、道具類は少しずつそろえることが多いようです。
最近では、大麻の種子を国内で販売する業者が減ったようで、現在では、インターネットなどを通じて外国の業者から直接買い入れるケースが増えているので、当然、外国から種子を送ってくることになります。大麻の種子は、普通10粒単位で販売されていますが、ごく小さなもので、普通の郵便物と見分けることは困難です。

種子を発芽させるのに、よく使われるのが、ロックウールですが、これは、園芸用品の売り場ならどこでもあります。室内で栽培する場合は、照明器具、反射板などを使うことが多く、ちょっと本格的になると水耕栽培用の装置や水を循環させるためのポンプ等を備えている場合もあります。しかし、こうした道具も、園芸用品として一般的に販売されています。
室内の小さなスペースで観葉植物や草花、野菜等を育てる人が増え、そのための道具類が販売されています。大麻の栽培だけに用いるものは特になく、一般的な室内園芸の道具がそのまま使われています。

画像

でも、若者がなにやら園芸を始めたとき、疑う必要があるかどうかは、やがてわかることでしょう。観葉植物や草花の栽培を始めれば、自慢したくなるのが人情です。作品を人に見せ、写真にとって送り、なにかと話題にするのが普通です。しきりと園芸用品を買い入れているのに、まわりの人に一切見せない、話題にもしないとしたら、それは疑わしいかもしれません。
息子さんとコミュニケーションを密にしてください。そして、ときどきは、息子さんの部屋を訪ねてみてください。

そうそう、私が知っている範囲で、若者が大麻を自分の部屋で栽培していたのに、何度も訪れている親御さんが、それに気づかなかったという例がいくつかあります。まず、親御さんが大麻を知ってください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もしかして、うちの子も大麻?|親のための大麻講座8 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる