弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麻の種子、密輸入のリスクを負うのは誰か?

<<   作成日時 : 2008/11/25 17:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

私はいま、大麻草の種子問題に関してまとまった論考を書くために、最近の動きを整理していました。
昨年末ころから、大麻の種子が「合法」と称して市販されている現状が問題視され始め、警察もその取り締まりに乗り出しています。大麻の種子を販売してきた業者の検挙例が続いています。

●大麻の種子の不正な輸入で検挙された例。
まず、大麻の種子を不正に輸入したとして検挙された例。もともと、日本で販売される外国産の種子は、不正な手段で日本に持ちこまれているはずです。税関では発見しにくいといわれてきましたが、地道な捜査によって、不正な輸入を摘発した事例がいくつか発表されました。
《大麻種子の密輸入事件を告発》
中部空港税関支署は、平成20年2月14日、オランダ王国から中部国際空港に入国した日本人夫婦が身辺に隠し持って密輸入しようとした大麻種子1,031粒を摘発し、関税法違反嫌疑で平成20年4月4日、名古屋地方検察庁豊橋支部に告発した。(2008年4月4日発表 名古屋税関ホームページ・摘発事例より)
http://www.customs.go.jp/nagoya/mituyu/tekihatu/index.htm

●大麻の種子を販売することが栽培のほう助に当たるとして検挙された例。
栽培に用いることを前提に、発芽能力のある大麻の種子を販売する行為は、栽培を助けるほう助犯に当たることがあります。ほう助犯の立証には難しい要素もあるといわれますが、最近も検挙された事例があります。
《大麻種子を小分け輸入、学生ら全国2千人余に販売か》
早稲田大の学生が大麻取締法違反(栽培)容疑で逮捕された事件で、学生らにインターネットの通信販売で種子を売ったとして、同法違反のほう助容疑で逮捕された容疑者がオランダから大麻の種子を小分けにして国際郵便で取り寄せ、約5年間、摘発を免れていたことが関東信越厚生局麻薬取締部の調べでわかった。(2008年11月16日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081116-OYT1T00059.htm
《関東学院大ラグビー部員に大麻種子売った業者を逮捕 神奈川県警》
神奈川県警薬物銃器対策課は、栽培用に大麻種子を販売したとして、大麻取締法違反(栽培)のほう助容疑で、大阪市の雑貨店社長ら3人を逮捕した。同社は昨年11、12の両月だけで42都道府県の182人に販売。大麻を栽培したとして執行猶予付きの有罪判決を受けた関東学院大の元ラグビー部員が同社から種を購入したことが分かり、県警が今年1月に同社を捜索していた。
3人は昨年3月にオランダから大麻種子を密輸。10粒を約7000〜3万円で販売、英文の栽培マニュアルを添付したケースもあったという。(2008年5月16日 産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080516/crm0805161815026-n1.htm

さて、こうして不正な大麻の種子の販売が次々と摘発された結果、状況に少し変化が生じています。雑貨店での販売が減り、インターネットで種子を販売する業者も、多くはサイトを閉鎖したり、販売を停止しています。つまり、これまで「合法」と称して半ば公然と大麻の種子を販売してきた業者の多くが、このビジネスにはさまざまな不正が絡み、リスクの多いものだと気づいた様子です。
その結果、日本の業者を通じて大麻の種子を手に入れる機会は、いくらか減ったようです。業者は、輸入や販売から手を引いて、自分たちがリスクを負うことを回避し始めています。では、そのリスクは誰が負うのかというと、個人輸入で入手した個人にそっくり引き渡されたことになります。リスク負担も自己責任でどうぞ、ということなのでしょうか。

発芽能力のある状態で大麻の種子を輸入することは、関税法の無許可輸入にあたる密輸行為です。たとえ少量の個人輸入であっても、事情は同じです。密輸してまで、大麻の種子を手に入れますか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大麻の種子、密輸入のリスクを負うのは誰か? 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる