弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麻取締法の生い立ちを考える・その5−繊維を採取する目的による大麻の栽培に関する件

<<   作成日時 : 2008/09/11 17:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 37

昭和22年(1947年)2月11日付け「繊維を採取する目的による大麻の栽培に関する件」という覚書の後半部分です。
この覚書(メモランダム)を国内規定として整備し、同年4月23日に「大麻取締規則」が制定され、後にこれを基本に「大麻取締法」が整備されることになります。つまり、大麻取締法の先祖のひとつといえるものなのです。

四、右の規則を施行し、要求された記録の整備及び提出のために、厚生省麻薬課及び各県の麻薬関係官を置くに要する予算と人員に関する条項を定めること。
五、参照覚書に掲げた大麻の定義を左のように訂正する。
 大麻の語は、その生育したるものと否とを問わず、Cannabis Sativa L.の草の一切の部分、その種子、大麻草のいかなる部分より抽出したるとを問わず、その樹脂、及び大麻草、その種子又は樹脂を以って配合、製造、塩化、分出、混合又は調合した一切のものと解するが、大麻草の成熟した茎、その茎より採取した繊維、大麻の種子で製した油又は油糟、その他成熟した茎(但しそれより抽出した樹脂を除く)を混合、製造、塩化、分出、混合又は調整したもの、繊維、油、油糟、発芽不能の種子は含まない。
六、この法令の規定に違反した者に対する罰則を規定すること。
七、日本帝国政府は、当司令部公共衛生福祉部補給課、麻薬統制官に対し、第一回報告の月以後毎月末迄に、次のような大麻統制に関する概要月報を提出すること。
 イ 各県別、登録数。
 ロ 各県別、大麻栽培ヘクタール数、栽培地の数を示す。
 ハ 各県別、採取した成熟茎の数
 ニ 各県別、抽出した大麻繊維の総量
 ホ 各県別、大麻草及び種子の取引数及び額
七、大麻に関する違反事件は、当司令部覚書、一九四六年五月二十三日付、AG四四一、一PH、「日本における有効な麻薬統制制度の確立に関する件」に示した条項に従い報告すること。
八、本覚書公表後十日以内に、交付すべき大麻統制規則の英訳文を、当司令部、公共衛生福祉部補給課、麻薬統制係に提出すること。

上記の条項中、大麻の定義の部分を読んで気づくのは、これがアメリカの物質規正法がいう大麻の定義とよく似ていることです。私が知っているのは、USC タイトル21セクション802に掲げられている現行の物質規正法の条項であり、1947年当時と同じかどうかは調べていません。とりあえず、現行のものを下に掲げます。日本語文は私が個人的に翻訳したものです。
GHQのメモランダムですから当然といえば当然なのですが、私にとっては、新しい発見です。

Title 21 United States Code (USC)
Controlled Substances Act Section 802. Definitions
(16) The term "marihuana" means all parts of the plant Cannabis sativa L., whether growing or not; the seeds thereof; the resin extracted from any part of such plant; and every compound, manufacture, salt, derivative, mixture, or preparation of such plant,
its seeds or resin. Such term does not include the mature stalks of such plant, fiber produced from such stalks, oil or cake made from the seeds of such plant, any other compound, manufacture, salt, derivative, mixture, or preparation of such mature stalks (except the resin extracted therefrom), fiber, oil, or cake, or the sterilized seed of such plant which is incapable of germination.

USC タイトル21
物質規正法 セクション802 定義
(16)マリファナとは、生育しているか否かを問わずカンナビス・サティヴァ・エル植物のあらゆる部分:その種子、いかなる部分であれその植物から抽出された樹脂、その植物のあらゆる化合物、製品、塩、派生物、混合物、調製品、その種子または樹脂をいう。この用語には、その植物の成熟した茎、その茎から製造された繊維、その植物の種子から製造された油脂及び油脂糟、その成熟した茎の化合物、製品、塩、派生物、混合物、調製品(それから抽出された樹脂を除く。)、繊維、油脂、油脂糟又は発芽しないよう処理されたその植物の種子は含まれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(37件)

内 容 ニックネーム/日時
EMCDDA(欧州薬物・薬物中毒監視センター)によって、2008年6月に発表された研究書には、’大麻の有害性はアルコールやタバコより低く、タバコとアルコールは非常に規制が低い一方で、大麻に関する規制はあまりにも厳しすぎるということは明白である’と結論付ける論文や’大麻は無害な物質ではないが危険性は誇張されており、個人的な使用罪は、刑事制裁を必要としない。’と結論付ける論文が掲載されている。ヨーロッパでは、このような最新の知見を反映して、少量の大麻使用を有罪とする措置は社会全体に対してより大きな害をもたらすという信念に基づき、周囲の状況を悪化させることの無い少量の個人使用目的の大麻の所持や使用に対する刑事罰の代替処置の開発において共通の傾向が見られる。罰金、注意、執行猶予、刑罰の免除やカウンセリングが大部分のヨーロッパの司法制度に支持されている。
野中
2008/09/13 20:19
わが国において、大麻の個人使用目的の所持や医療大麻などが未だに逮捕・拘禁を伴う刑事罰を持って規制されている理由の一つとして、事実を知りながら、営利を目的としてあるいは自己保身の為に、その様な規制のあり方を支持し、正当化する人たちの存在が挙げられると思います。
その様な方々は、薬物問題に実践的に取り組もうという気概も無いでしょうし、被害を受け続ける末端の使用者のことなど本当はなんとも思っていないでしょう。
野中
2008/09/13 20:20
ヨダレだら〜っと垂らしながら意味不明な言動があり、腕の関節が曲がったままの元大麻中毒者を見ても、大麻規制は厳しすぎるでしょうか。

大麻をする意味は、なんなのでしょう。

なぜ、存在してるかどうかわからない海外の研究センターの結果を真に受け、大麻中毒者を目の前で見て、接して、危機感を持っているこの国の薬物施設の方々の話に耳を向けないのか?
人は、社会生活を全うに過ごさなければ生きられない。
タバコ、アルコール、大麻の中で、社会生活を全うに過ごせないものはなんだ?
大麻じゃないんかい。

なにかあっても大麻経験者は助けない。
大麻を正当化するってことは、それだけの覚悟があり、大麻を勧めた相手が死んでも責任とれるんだろうから、大麻経験者は助けない。
大麻を続けたらどうなるかを知るべき。

2008/09/13 22:35
重度のアルコール中毒者を見てどのように思われますか?全てのお酒を飲む人がその様になると思いますか?また、世の中にはお酒が飲めない人も居ます。
大麻の有害性はアルコールやタバコより低いと言われていますが、何故私達は強制的にアルコールを選択させられなければならないのでしょうか?
野中
2008/09/13 23:57
アルコールは米であり麦であり、本来クチに入れるものです。大麻とは原材料が違います。
大麻を罰している国、罰していない国の経済状況を比べる必要があります。
なぜなら、自分の子供が厳しくとも安心して暮らせる生活を保証するのが親の役目ではありませんか?

2008/09/14 00:23
モさんの知識のレベルが良く分かりました。

>なぜ、存在してるかどうかわからない海外の研究センターの結果を真に受け

EMCDDA(欧州薬物・薬物中毒監視センター)は実在する信頼性の高い機関ですよ。
http://www.emcdda.europa.eu/publications/monographs/cannabis

これを機に少し調べてみられてはいかがでしょうか?
野中
2008/09/14 01:57
研究結果が全てではないって〜( ̄▽ ̄;)
経験が真実でしょ。

ご自分が何年も臨床研究したのなら信念も固くていいけどさ、読んだままを信じてるだけでしょう。
研究機関は全世界の人種、誰もが持ってる持病と大麻の因果関係の研究まではしてないんでしょ。

大麻だって、世界に何種類あるのさ。
どれでも害は少ないんかい。

んで、肝心な大麻中毒者のことをなにも語れないじゃない。

大麻を使い続けると、どうなるのさ。
ネットだけで知ろうとしてもわからないんじゃない。
中毒者の姿、一般人にはキツいからテレビやネットで多くは紹介されないもの。具合悪くなるからね。

2008/09/15 09:20
大麻使用で邦人医師2人逮捕=インドネシア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080915-00000043-jij-int
【ジャカルタ15日時事】インドネシア西ヌサトゥンガラ州警察は15日、ロンボク島に旅行中の30歳と32歳の日本人医師2人を大麻使用の疑いで逮捕したことを明らかにした。
 2人はそれぞれの妻と一緒に島内のホテルに滞在。住民からの通報を受けた現地警察が9日、ホテルの部屋で大麻を吸引しているところを摘発、大麻11.35グラムを押収した。医師は現地で大麻を買ったと供述している。

被害を受け続ける末端の使用者の知識なんて、医者であろうがこんなものでしょ。
日本は、捕まえても生かしてくれるんだから良いんじゃないですか。
インドネシアはたしか死刑じゃなかったでしたっけ。

2008/09/15 17:14
第 195章 薬物使用と依存[ 大麻(マリファナ)類への依存]大麻
http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?c=%A5%DE%A5%EA%A5%D5%A5%A1%A5%CA&url=15/s195.html#x17
野中
2008/09/18 00:32
すいません(-_-;)携帯からなのでわかりません。
捕まった末端の医師のような方々にもわかりやすい説明をお願いします。

それから、まだ大麻をこの国に認めさせたいと願っているのですか?
日本を「大麻オッケー♪」の国にしたいのですか?

人は誰でも落ち込みます。
ご自分の親族、育ててくれた方々もです。

一番身近な人が落ち込んでいたら、なんとかしたいと思いますね。
だから人は行動する。

大麻がそんなに害ではないというなら
身内や育ててくれた方に「スッキリするよっ!」と勧められますか?

どうなるかを見てきた自分は、恩を仇で返すようなことはアマチャンなので出来ません。

2008/09/18 01:02
野中さんの書かれたリンク先には、簡単に要約すると、「良い部分も悪い部分も見受けられる」「 マリファナを批判する人々は有害作用に関する数多くの科学的データを引き合いに出すが,重篤な生物学的影響があるとする主張の大部分は,比較的大量の使用者,免疫学的,生殖機能についての積極的な研究においても,ほとんど立証されていない。」等の事が書かれていますよ。

モさん>
個人的には、身内や肉親の病気や症状に大麻が有効であると考えられ、且つ法的にも問題がなければ大麻の使用を進めます。
中毒性はモルヒネや睡眠薬、アルコールなどよりはよっぽど少ないのですから。

いくらアマチャンでも、もう少し情報を広く集め、ご自分の頭で考えてみたらいかがでしょうか。
子ケロ
2008/09/20 02:27
今度は野中さんの話を信じてらっしゃる方ですね。

人は否定してる人間より、好意的な人間を信用します。
その法則を知っていれば他人を騙すことも簡単です。

大麻中毒者(最後は覚醒剤にまで手を出し、今年死にました)を見てきたから話してる。
空想、妄想で話してるのではありませんよ。

研究機関は、大麻の成分を加工した薬を勧めてるんであって、大麻100%を勧めてるわけではないでしょう。

だいたい、大麻を調べまくってから手を出すヤツはいないんでさ。
大麻に手を出してから正当化するために調べ始めるのが人間の防衛本能なんじゃない。
自分を甘やかすためにね。

いままで大麻がなければ死んでしまう病気の人いましたか?
代わりの薬剤なんて山ほどあるじゃない。
大麻は西洋医学というより東洋医学寄りだけど、漢方には大麻の代わりになるものあるんでさ。
なにをいまさらって感じだよ。

ネットで研究結果拾ってないで、経験で話したらどうですか。

2008/09/20 23:05
大麻は依存性薬物の依存症の治療への応用にも効果が期待されています。
知人の方は現在の政策の下で命を落としてしまわれたわけですよね。私は、大麻と覚せい剤を混同して規制、教育している現在の政府の薬物政策に問題があると思います。
政府は、「大麻は危険な薬物である」という固定観念に基づき、極端に大麻の有害性を誇張した科学的根拠のない情報を流し続けており、また、このような情報を用いて、薬物乱用防止
教育や裁判を行っています。
この政策の結果として、未成年者を含む若年層において、政府による薬物に関する情報への信頼性を著しく低下させ、深刻な混乱を引き起こしています。
 また、大麻使用者を犯罪組織と結び付け、覚せい剤などの危険なハードドラッグとの接触の機会を増加させ、犯罪組織に莫大な不正利益を供給しています。
大麻は政府が言うほど危険ではないと知った若者は、覚せい剤の危険性についての政府の情報にも疑いを持ってしまうと思います。
野中
2008/09/21 00:27
>なにかあっても大麻経験者は助けない。

特に若い頃は過ちを起こしやすい時期でもありますし、その様な態度はいかがなものかと思います。薬物中毒者に必要なのは、懲罰よりもカウンセリングではないでしょうか。
野中
2008/09/21 00:57
>なにかあっても大麻経験者は助けない

大麻中毒者と接したことありますか?

しつこいようですが、ネットで研究結果拾ってないで、経験で話したらどうですか。

2008/09/21 02:03
揚げ足取るようで申し訳ありませんが、
大麻は依存性薬物の依存症の治療への効果しかありません。
ということは、薬物やってオカシくなった人への治療のみになります。
ただ、野中さんが言う「大麻」が100%のものか加工したものかで私の意見が変わってきます。
大麻100%という意味でなければそれは大麻ではないので、過ちを起こしやすい若い年代の方々に誤解ない発言を望みます。
大麻を加工したら、大麻ではありません。

それから、薬物中毒者に必要なのは、カウンセリング

野中さん。ボロが出ましたね。
薬物中毒者にカウンセリングしようとする人は、どこ探してもいませんよ。

薬物中毒者は仲間作りと他人への攻撃だけです。
監禁以外にありません。

わかってらっしゃるかと思ってましたよ。残念です。

2008/09/21 02:56
>大麻中毒者と接したことありますか?
中毒者とは言いませんが、毎日吸っている人と
友達でした。
ちょっと 怠け者ではあるけどいつも穏やかでしたよ。
少なくとも
>ヨダレだら〜っと垂らしながら意味不明な言動が>あり、腕の関節が曲がったまま
なんてことはありませんでしたが。。
それは 忘年会シーズンの新橋のサラリーマンの
間違いでは?

親戚にアルコール中毒者がいますが、怒りやすいし
暴力は振るうしホントにイヤです。
でもアルコール依存症矯正施設に通うようになって
少しはマシになりつつありますが。
私には 大麻が仮に合法になっても吸おうとは
思いませんが、酒が合法で大麻が違法であることは
道理が通らないと思います。
飲酒運転で死亡事故が起きたら 酒造メーカーが
記者会見を開いて謝りますか?

結局 酒や大麻に問題があるのでなく個人の
責任では無いでしょうか?

CoolDown
2008/09/21 16:34
「個人の責任」だからこそ、情報発信は慎重にしなければと考えます。

「タバコやアルコールより大麻は害が少ない」
この言葉を見た人が大麻に手を出し、なにかあっても野中さん他の人たちは謝らないでしょう。

大麻をやってて、なにもないはずはないんです。
「害は少ない」は、「害はある」ってことなんですから。

タバコやアルコールの害なんて、いま始まったことじゃあない。
そんなにイヤならタバコ・アルコール撲滅をやるべき。

この国が「大麻を認めない」って決めてるのをわかっていながら、この国から離れないのが不思議です。
なぜ大麻を認めてる国に住まないのでしょうか?
移ったって良い。それは法律が認めてるでしょう。

移住は認められているのですから。
しかも「自由」じゃないですか。

なにも追い出そうと言ってるんじゃあない。
「良い!」と思った国に行けばいい。

簡単な話です。

2008/09/22 01:24
>それから、薬物中毒者に必要なのは、カウンセリング
この点については私もモさんと概ね同じ意見です。野中さん(及び野中さんの参加団体)達も同様だと思います。
ただモさんと違うのは、野中さん達の主張の本筋は大麻等の薬物に対する一部の刑罰をもっと軽くしましょうということです。
薬物中毒者に必要なのは逮捕・拘禁・懲役ではなく適切なカウンセリングなのだから、単純所持(数十グラム以下)・単純使用は罰金等の軽犯罪なみに引き下げようということです。
(野中さん、解釈違いだったらごめんなさい)

その先駆けとして比較的害の少ない大麻の情報を国家的に再調査し、まずは正しい情報に基づいた規制・管理をしていきましょうということなのです。
子ケロ
2008/09/22 21:00
大麻の医療的価値についてですが、つい先ごろ、ロンドン医学大学神経科学センターの研究チームから「カナビノイドには,多発性硬化症の神経防護特性とともに、その進行を抑制する作用がありそうなことが明らかにされた。」
との報告がありますし、アメリカ多発性硬化症協会のオピニオン・ペーパーでも同様の結論が報告されています。
また、癌等の疼痛に対する緩和作用など、モルヒネ系では強すぎて適用に適さない痛みに対する効果も期待されています。

アメリカのNORMLという大麻開放を目指している団体は「マリファナは無害ではない。けれどもその害はタバコやアルコールよりずっと少ない」という認識の下、大麻の非犯罪化、医療目的使用の合法化を訴えています。
もちろん野中さん達もそのことをご存知で同様の活動を行っています。

凝り固まったイメージや古い知識からの一方的な弾圧をなくし、大麻本来の利点を享受したいと私は考えているのです。
そのために法曹関係者である小森さんのブログ等の場所をお借りして意見を言わせていただいています。
(長くなってしまった為、2回に分けて書き込ませていただきました)
子ケロ
2008/09/22 21:01
子ケロさん、誤解です。

ごめんなさいね。
「薬物中毒者に必要なのは、カウンセリング」を否定しています。

あなた方とは違う考えです。

薬物中毒者と寝食共に過ごされた経験ありますか?

薬物中毒者にカウンセリングは通じません。

質問にお答え願います。
「誰のための大麻解放なのですか?」

大麻を認めさせようとする気持ちから、多発性硬化症患者や癌患者の話を後から出されてきたので、病人の為ではありませんね。

政府機関に対して色々言われてますが、ネット上で、机上の思考だけで法律を変えられると思ってらっしゃる程度の相手のためですか?

タバコ・アルコールをやめられない人のためですか?
だからって、やめさせようとはせず、大麻を勧めるのですか。

NORMLに知人がいて、その特定の人間の友情のためだけですか?

大麻に依存されてるのですか。

2008/09/22 23:00
>薬物中毒者にカウンセリングは通じません。
ああ、ごめんなさい。野中さんへのレスだったのですね。
でも私の意見は変わりません。薬物中毒は刑罰などでは克服できるとは思いません。
適切な医療的治療とカウンセリングで、本人のやめたいという意志を高めていくしかないと考えています。

>誰のための大麻解放なのですか?
もちろん自分のためです。
将来癌や多発性硬化症、その他の病気にかからないとも限りません。もしそのような病気になってしまった場合、取れる選択肢は多い方が良いですからね。
世の為人の為なんておこがましい考えは持ってませんよ。

>机上の思考だけで〜
国会や裁判というのは、そもそも机上の思考を優先して物事を決めたり判定したりする場所なのではないでしょうか。賛成・反対等の対立する意見や両者の言い分を参考に公正・合理的な判断を下すためにある場所だと考えていますが。

私個人は大麻を吸った事がありません。合法なら試してみたい気持ちはあります。
アルコールも嗜みますし、タバコは…依存しちゃってますね。本数を減らさなくちゃと思ってはいるのですがね。
子ケロ
2008/09/23 00:35
ありがとうございます。
薬物中毒者には、医療的治療とカウンセリングが現実の治療法ですが、感覚に支配されてしまっている「脳」への刺激が必要と考えます。

江戸時代にあった罰。
正座させてる膝の上に重石をのせ・・・ぎゃあー!
大木に紐で縛られ、一晩中・・・ぎゃあー!

な感覚を、人権無視する事無く脳に入れることも依存治療となると確信しています。
ただ、薬物はこれ以上の感覚を脳に覚えさせてしまう。
カウンセリングも様々なアプローチ方法があります。
薬物中毒者には、どんなカウンセリング法が適切かご存知ですか?

大麻解放はご自分のためなのですね。
人は必ず死にます。
この現実は受け止めていらっしゃいますか。

机上の思考を必要とされてる方は小説家だけです。
人は行動することが出来ます。
だから「大麻を認めてる国に行けるでしょ」とお話させていただきました。
法律を変え、大麻を認めさせるために何十年かかるかシュミレーションしましたか?
今すぐこの国が必要としない大麻。何十年かかるでしょうね。

タバコは、1箱1000円になればイヤでも本数を減らせますよ。

2008/09/23 22:30
>>「個人の責任」だからこそ、情報発信は慎重にしなければと考えます。

まさにその通りです。大麻を使用していた私の友人の様子や海外生活(カナダ)で見聞きした経験からすると、厚生労働省の"ダメゼッタイ"HPやマスコミの報道は正しい情報を発信しているとは到底思えないのです。子ケロさんの言うように大麻の情報の国家的な再調査と正しい情報に基づいた規制・管理をすべきだと思います。
全く害が無いとは言い切れませんが、酒や煙草と
同等、それ以下であるとは言い切れると思います。
害が少しでもあるのであればダメというのであれば
砂糖を摂りすぎれば糖尿病にもなるし 塩分を摂りすぎれば高血圧・動脈硬化の原因になりますよね。
CoolDown
2008/09/24 10:46
>>移ったって良い。それは法律が認めてるでしょう。
法律の見直しを要求することも法律で認められています。実際に大麻取締法の見直しに向けて活動している団体がいくつかあります。彼らは何十年かかってでも法律の改正を成し遂げようとするでしょうね。

私は 法律が改正されても吸おうとは思いません。酔うよりも 運動したり瞑想する方が体が快と感じるからです。ただ 偏った情報を流し、国民の恐怖心をいたずらに煽って操作しようとする政府とマスコミに憤りを感じていて、大麻問題はまさにその象徴だと思っているから大麻を擁護するのです。
CoolDown
2008/09/24 10:48
ありがとうございます。

「大麻は穏やかになる」
人には喜怒哀楽が絶対条件です。だから生きられる。
国民が穏やかになってしまったとき、日本の経済は競争力を無くし破綻する。
「あはぁ〜♪」な人間は、なにを言い出すかわからない。

大麻は、人の人権を無視した感覚に襲われるんだって事をなぜ考えないのですか?
政治家やマスコミも人間です。いつか死にます。

いまの「汚染米」と同じです。
健康被害は出てないようですが、ちょっとでも疑いがあれば対応しています。

これが人としての常識ではないですか。

大麻、絶対安全ではないでしょう。

2008/09/25 01:13
洗脳された後進国の後進頭脳馬鹿。
政府や警察に犬のように飼われるだけ
の暗黒島の劣等民に、大麻開放論だって!?
高尚すぎらあ
豚に真珠ってことわざがあるのをしらないの?
シンガポール、インドネシア
アメリカ、日本は後進国です
自覚すべし  背伸びはしないこと
八公
2008/10/22 13:25
>ヨダレだら〜っと垂らしながら意味不明な言動があり、腕の関節が曲がったままの元大麻中毒者を見ても、大麻規制は厳しすぎるでしょうか。

こう言う人って、大麻+覚せい剤+コカイン+ヘロインのフルコンボな人なんじゃないの?

少なくとも大麻だけでこんな風になったなんて
聞いた事無い。

大体なんで大麻で腕が曲がるの?注射打つから?そう思うならとんでもない”知ったか”。

2008/11/19 00:24
>ヨダレだら〜っと垂らしながら意味不明な言動があり、腕の関節が曲がったままの元大麻中毒者

それって本当に元大麻中毒者なんですか?
他の薬物中毒とごっちゃになってませんか?
それがもし本当なら、オランダの人たちは
みんな廃人って事ですよね?
はなもげ
2008/11/20 04:29
肯定も否定もできず、現在探求中のものです。
やはり、モさんの方が情報不足のように感じます。
ダメだよ!って、感情論にしか映りません・
体験論をお話されていますが、
デタラメとはまでは言えないものの
かなり疑わしい内容です。
あくまで個人的な感想ですが。
かなり
ちゅうりつ
2008/12/04 12:24
久しぶりに来ました。あらら(笑)

ペさん。ダルクのミーティングの現状を知っていただけるといいんですけどね。
「知ったか」は、現状を知らない想像で話す事の人を言うんですよ。

はなもげさん。風邪をひいて死ぬ方、死なない方がいるように、人によって出る症状は様々です。

ちゅうりつさん。経験・体験してください。薬物中毒者と一緒に過ごした経験を文章にしても「うっそだろ〜」と思われるのは、いまでは承知の上ですよ。

2009/01/30 23:14
モさん、そいつは大麻だけじゃないはずだ。
覚せい剤やるやつは大麻やってるやつがおおい。だから、混同されてしまうんだろうけど。
実際、その薬物中毒者は大麻だけ!といいきれるのかい?

2009/03/16 13:39
知ったかで悪かったね。現場に居てなお現状を正確に理解出来ていない残念な方に言われたく無いですが(笑)

つか、読み返したら「最後には覚醒剤まで手を出して」って自分で言ってるじゃん、いい?今ここは大麻の話しをしてるの、誰も覚醒剤中毒者の話しなんかしてないの、100%大麻だけを使用した状態についての議論をしてるの、もうすでに覚せい剤と言う不確定要素が入ってしまっている以上、いくらその人を引き合いに出されても議論の対象にすらならない。






2009/04/22 23:36
しかし、モさんの立場に立って考えて見れば気持ちも分からなくもない、自分が覚せい剤中毒者に「大麻なら安全だし良いだろ?」って言われたら「ダメだ、大麻も覚せい剤も同んなじだ、死ぬぞ」って言うだろう。

実際、大麻売ってる売人の商品ラインナップ?には当然覚せい剤も入ってるだろうから、覚せい剤から遠ざけるためにも”大麻と覚せい剤は違う物”と言う現実は実に都合が悪い、同じ様な物として一切近づかせない様にするだろう。

モさん、ハッキリ本音を言ったらどうですか、「覚醒剤をとめるには先ず大麻から、その際、大麻が安全か危険か、有用か無用かは一切無視します」とね。

こう言えば誰もが、あなたの言動に納得するんですがね。実際それでいいと思うし。

2009/04/22 23:37
ペさん。ありがとう。
色んな方とやりとりさせていただきましたが、ペさんに救われた気がします。

いま、薬物や酷い依存症に悩まされてる方とは接していません。
正直「避け」てます(照)

苦労「して」きましたよ。
薬物依存、中毒の人を相手にね。

トラウマです。想像ではない、経験して残る脳の記録ですよ。

皆さんに問いたい事があります。
「大麻するほど生きることは苦しいですか?」


2009/04/25 01:36
はい、生きるのは辛いです。 早く起きなくてもいい朝を迎えたいです。
でも、今は生活のために朝起きて仕事に行かなくては行けません。
しっかり働くためには体を休めなくてはいけません。
眠れないということが、とても怖いです。
睡眠導入剤とお酒の組み合わせで無理やり寝ます。

なくても寝られるのなら、痛みがなくなるのなら必要とはしないだろうと思います。
難民
2009/04/26 21:40
このモって人、間違いなく大麻と別のドラッグを混同してるな。

2009/12/15 04:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
大麻取締法の生い立ちを考える・その5−繊維を採取する目的による大麻の栽培に関する件 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる