弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麻の種子のまとめ、その13

<<   作成日時 : 2008/07/03 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第4、管理意識の立ち遅れ

1 国際的な問題としての大麻種子
実は、大麻の種子が半ば公然と販売されているのは、わが国だけの問題ではありません。世界のほとんどの国は、大麻の所持や栽培にを違法として取り締まっていますが、規制対象に種子を含む場合と、わが国のように種子を除外する場合があります。
たとえば、連合王国(英国)では、わが国と同じように、種子は規制対象から除外されています。ところがアメリカ合衆国(連邦)では、法文上は、大麻の種子は基本的に大麻として規制対象となっています。除外されているのは、成熟した茎とその製品、発芽不能処理をした種子とその製品です。アメリカの物質規正法を見てみましょう。

Title 21 United States Code (USC)
Controlled Substances Act  Section 802. Definitions
(16) The term "marihuana" means all parts of the plant Cannabis sativa L., whether growing or not; the seeds thereof; the resin extracted from any part of such plant; and every compound, manufacture, salt, derivative, mixture, or preparation of such plant, its seeds or resin. Such term does not include the mature stalks of such plant, fiber produced from such stalks, oil or cake made from the seeds of such plant, any other compound, manufacture, salt, derivative, mixture, or preparation of such mature stalks (except the resin extracted therefrom), fiber, oil, or cake, or the sterilized seed of such plant which is incapable of germination.

USCタイトル21 
物質規正法  セクション802 定義
(16)マリファナとは、生育しているか否かを問わずカンナビス・サティヴァ・エル植物のあらゆる部分:その種子、いかなる部分であれその植物から抽出された樹脂、その植物のあらゆる化合物、製品、塩、派生物、混合物、調製品、その種子または樹脂をいう。この用語には、その植物の成熟した茎、その茎から製造された繊維、その植物の種子から製造された油脂及び油かす、その成熟した茎の化合物、製品、塩、派生物、混合物、調製品(それから抽出された樹脂を除く。)、繊維、油脂、固形油脂(?)又は発芽しないよう処理されたその植物の種子は含まれない。

オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、ロシアなどがアメリカと同様に、大麻の種子を原則的に規制対象としているようです。ただし、私は主要国の規正法を体系的に調べたわけではなく、英国や米国などいくつかの例を簡単に見ているに過ぎないので、実は、大麻の種子に対する各国の規制について、明確な発言をするだけの確信が、いまはありません。この点については、引き続き研究してみるつもりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大麻の種子のまとめ、その13 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる