弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 改めて大麻を考える その22(最終回)

<<   作成日時 : 2008/06/01 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

国連薬物犯罪局(UNODC)の『世界薬物報告書2006』第2章、CANNABIS: WHY WE SHOULD CARE を読みながら、改めて大麻について考えてきましたが、今回は「結論」部分を取り上げ、この連載を終了します。

●結論
「結論」と題された短い文章は、この連載のはじめのころに取り上げた「はじめに」と対応した内容です。
その1 http://33765910.at.webry.info/200805/article_2.html
その2 http://33765910.at.webry.info/200805/article_3.html 
まず最初に、なぜいま大麻を問い直すのか、その背景を述べています。理由は、大麻に関して、世界には大きな矛盾が広まっていること。最初の部分を引用します。
「世界は、薬物としての大麻に関して合意に達していない。ある国では、大麻の使用や取引が極めて深刻に受け止められているが、他の国では、実際には無視されている。この不一致は、国際的な体制を侵食しており、問題に関する世界的なアンビバレンツを解決するには、はるか以前に時間切れになっている。単一条約の文面と精神の間のギャップを、大麻に関するマニュフェストとして埋めるか、条約加盟国において大麻の状態を再規定する討論を行う必要がある。」
国連薬物犯罪局編『世界薬物報告書2006』第2章 185頁
http://www.unodc.org/unodc/en/data-and-analysis/WDR-2006.html

世界の主要国の薬物規制の根幹になっているのが、単一条約、正確に言えば1961年の麻薬に関する単一条約で、我が国は昭和39年にこれを批准しました。この条約は麻薬の生産、製造、所持、提供、購入、販売、輸送、輸入、輸出などを規制し、締約国は、その違反に対しては刑罰を科さなければならないと定めています。この条約では、ヘロインやコカインなどと並んで、大麻もスケジュール1の規制対象としているので、大麻に関する違反に対して、ヘロインやコカインなどと同様の罰則を科すことになるのです。

ところが、現実には国によって刑罰の実態が大きく異なるという、アンビバレンツが存在しています。これは、国際条約を空洞化する大きな問題であるというのが、この報告書の出発点なのです。

わが国は、上記の引用文がいう「大麻の使用や取引が極めて深刻に受け止められている」国のひとつです。たしかに、大麻に関する違反に対する科刑状況は、欧米諸国と比べればかなり厳しいものだといえます。
この不均衡は、時間とともに大きくなってきたものです。わが国では、薬物乱用による社会的な問題が大きくなるたびに、法律改正が行われたり、科刑水準が引き上げられたりして、違反者に科される刑罰が重くなってきました。いっぽう、欧米諸国では、厳罰化や寛容な受け止めの波を受けながらも、末端の乱用者に対する刑罰を見直してきました。その結果、ここまで乖離してしまったのです。なお、わが国では、これまでとくに大麻乱用が大きな問題になったことはなく、主に覚せい剤乱用の拡大に対応した罰則の引き上げが行われ、それが薬物事犯の全体に及んでいるのが実態です。

さて『世界薬物報告書2006』の「結論」から最後の文章を引用して、この連載を終わります。お付き合いいただき、ありがとうございました。
「この問題に関する社会的世論が分岐し始めたことは、驚くには当たらない。しかしながら、コンセンサスを取り戻し、真にグローバルな問題に対してグローバルな一貫性をもって再び取り組むことが不可欠である。つまり、多国間の薬物コントロール体制が、一度は構築されたのである。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ぶしつけですみません
種子を買っただけで家宅捜査の礼状が出ますか?
みるみる
2008/06/09 18:40
みるみるさん、小森です。
大麻の種子は大麻取締法の規制対象から除外されています。つまり持っているだけなら、法律に違反してはいません。
しかし、種まきをするなど栽培に着手したとたんに、栽培の罪にあたることになります。
詳しくは、私のホームページ「ドラッグについてきちんと話そう」に情報があります。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~skomori/teens/teacher2.html
http://www2u.biglobe.ne.jp/~skomori/crime/taima.pdf
小森 榮
2008/06/09 20:40
返信ありがとうございます。

そうすると、買ったからといって栽培の容疑がかかるとは限らないのでしょうか?買った=栽培してるかもしれない で捜査を開始することもあり得るのでしょうか>
みるみる
2008/06/10 21:25
はじめまして。石川と申します。
小森さんは上記コメントにて「持っているだけなら、法律に違反してはいません」とのコメントをなさっていますが、実際のところはどうなのでしょうか。
神奈川の大学生が逮捕されて以来、種子販売会社の顧客リストを元に種子購入者に対しての捜索が頻繁に行われているようです。
(もちろん、捜索時に違法栽培者は検挙されています)
法律に違反していない、種子購入者に対しての捜索令状の発行・行使は司法による捜査権の乱用に思えるのですが、小森さんはどうお考えですか。
石川
2008/07/21 16:38
>種子購入者に対しての捜索が頻繁に行われて>いるようです。
私自身は、そうした事例に出会ったことがありません。
小森 榮
2008/07/22 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
改めて大麻を考える その22(最終回) 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる